個別指導のメリット

生徒のペースに合わせて指導を行える

集団指導の場合、生徒の学習ペースに関係なく、塾講師のペースで指導が行われます。そのため学習のペースが遅い生徒は、授業スピードに追いつけないケースもあるでしょう。このようなデメリットを解消できるのが、個別指導です。個別指導は生徒とマンツーマンで授業を進めていくことになります。生徒の学習ペースに合わせて指導を行えるため、生徒が授業内容に関する疑問を持ってしまう可能性は低くなるでしょう。個別指導の場合は、生徒からの質問にも丁寧に答えられるというメリットも得られます。得意分野の授業はスピードを速くして、苦手な分野は授業のスピードを遅くするといった分野ごとの学習スピードの調整が行えるのも、個別指導の魅力的なポイントです。

苦手な分野だけを学ぶこともできる

集団指導の場合は、全ての科目を学ぶケースが多いです。「得意な分野は受講しない」といった選択が行えないことが多いので、学びたい分野だけに集中するのが難しいというデメリットがあります。対して個別指導の場合は、科目選択の融通がききやすいというメリットが得られます。自分が学びたい分野だけを選択できるので、苦手な分野の克服に集中しやすくなるでしょう。科目選択が自由なので、受験に必要な科目だけを学ぶことも可能です。

個別指導の場合は、生徒のペースに合わせて授業が進められるため、塾を休んでしまっても勝手に授業が進む心配がありません。仮に休んでしまったとしても、その日に行う予定であった授業を別の日に受講できます。そのため体調を崩しやすい人や習い事を多く行っている人に個別指導は適していると言えます。

思春期真っただ中の中学生がしっかり勉強できるように、安定感のある、そして相性に良い先生のいる塾が、中学生の塾として最適です